お知らせ一覧

広報「姫だより」No.100を掲載しました

広報「姫だより」No.100を掲載しました。

 

PDFファイルと、電子ブックでご覧になれます。

桜の季節になりました!

約1か月半のお休みを経て再開したデイサービスも、少しづつ以前の活気を戻しつつあります。

利用者様も再開を楽しみにして頂いたようで、デイサービスから笑い声が聞こえてくるとホッとします。

 

さて4月に入り、島のあちこちで桜が見ごろとなっていますね、

先日、デイサービスの利用者様と一緒に島内の桜を見に行きました。

ドライブの様子と合わせご覧ください!

 

皆さん、久しぶりのドライブとあって笑顔が絶えません。

続きを読む

介護フォトコンテスト【入選】♪

全国老人福祉施設協議会主催の「第14回介護作文・フォトコンテスト」のフォト部門で、当法人から出品した作品が【入選】しました!是非一度ご覧ください。

↓ ↓ ↓

第14回介護作文・フォトコンテスト|全国老人福祉施設協議会 (roushikyo-digital.com)

 

『姫だより』の発刊について

社会福祉法人 島寿会の会報誌『姫だより』の発刊についてのお知らせです。

4月発刊予定の『姫だより』ですが、今回のコロナ感染等の影響にて来月5月に発刊する事となりました。

楽しみにしていたご家族や地域の皆様にはご迷惑をお掛けしますが、ご理解の程宜しくお願いします。

当施設内における新型コロナウイルス感染のお詫びと事業再開について

 

 当法人の運営に対して、格別のご高配を賜り誠にありがとうございます。

 さて、2月2日(水)に特別養護老人ホーム姫ヶ浜荘に勤務する職員が、新型コロナウイルス陽性となり、その後、合計97名(利用者様67名、職員30名)に感染拡大する事態となり、利用者様やご家族、地域の皆様、関係事業所の皆様におかれましては、長期間にわたり多大なご心配とご迷惑をおかけしました事、改めて心より深くお詫び申し上げます。

感染後は、市保健所、松山市医師会感染対策チーム及び各関係機関の皆様のご指導、ご協力により感染拡大を防ぐことが出来、また多くの方の様々な支援により職員もこの非常事態を乗り切る力を頂けたものと、改めて皆様のご厚情に対し、深く感謝申し上げます。

 おかげさまで、2月20日(日)以降、施設内での新たな感染者発生はなく、3月12日(土)をもって健康観察期間終了する事となりました。これに伴い、休止しておりましたデイサービス、ショートステイ及び施設入所受入れについて3月14日(月)から再開致します。長期間、ご不便をおかけしました事、心よりお詫び申し上げますと共に、利用者様のお越しを職員一同、心より楽しみにしております。

 事業の再開にあたり、今回の教訓をもとに、更なる感染対策と健康管理を行い、職員一丸となり、地域の皆様に安心してサービスをご利用頂けますよう運営に取り組んで参ります。今後ともご理解とご協力を賜りますよう何卒宜しくお願い申し上げます。

 

社会福祉法人 島寿会                

特別養護老人ホーム 姫ヶ浜荘 

 

施設長 片山和子

 

システムメンテナンスに伴うお問い合わせフォーム一時停止のお知らせ(2022年3月17日実施)

システムメンテナンスに伴い、下記日程において「お問い合わせフォーム」の利用を一時停止させていただきます。

ご利用の皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

【利用停止期間】

2022年3月17日(木)午前1時00分から午前6時00分

※作業状況により、予告なく作業時間の変更や延長を行う場合がございます。

上記時間の間、お問い合わせフォームのご利用はできません。

あらかじめご了承ください。

新型コロナウイルス感染者の発生について(第4報)

新型コロナウィルス感染状況の続報を報告させて頂きます。

 

2月22日時点での累計で入居者67名、職員30名の感染が確認されました。

引き続き市保健所の指示に従い対応するとともに、愛媛県医療支援チーム及び関係機関と密に連絡を取り、

施設内外への感染拡大防止と入居者様・職員の安全確保を最優先に、迅速に対応措置を実施してまいります。

ご家族、関係者の皆様におかれましては、ご迷惑をおかけしますが、何卒お理解を受け賜わりますようお願い申し上げます。

あわせて当法人の利用者様や職員等への風評被害の防止に特段のご配慮とご協力の程、宜しくお願い致します。

 

 

引き続き、当法人において入居者様の健康観察を継続してまいります。

 

施設長 片山 和子

新型コロナウイルス感染者の発生について(第3報)

新型コロナウィルス感染状況の続報を報告させて頂きます。

 

2月15日時点での累計で入居者36名、職員23名の感染が確認されました。

引き続き市保健所の指示に従い対応するとともに関係機関と密に連絡を取り、

施設内外への感染拡大防止と入居者様・職員の安全確保を最優先に、迅速に対応措置を実施してまいります。

ご家族、関係者の皆様におかれましては、ご迷惑をおかけしますが、何卒お理解を受け賜わりますようお願い申し上げます。

あわせて当法人の利用者様や職員等への風評被害の防止に特段のご配慮とご協力の程、宜しくお願い致します。

 

 

引き続き、当法人において入居者様の健康観察を継続してまいります。


施設長 片山 和子

新型コロナウイルス感染者の発生について(第2報)

26日、保健所よりPCR検査結果が届きましたのでご報告させていただきます。


当該施設に勤務する職員5名と入所者26名の新型コロナウイルスの感染が確認されました。
今回のPCR検査結果を受け、市保健所の指示に従い対応するとともに関係機関と密に連絡を取り、施設内外への感染拡大防止と入居者様・職員の安全確保を最優先に、迅速に対応措置を実施してまいります。

ご家族、関係者の皆様におかれましては、ご迷惑をおかけしますが、何卒お理解を受け賜わりますようお願い申し上げます。

あわせて当法人の利用者様や職員等への風評被害の防止に特段のご配慮とご協力の程、宜しくお願い致します。

 

引き続き、当法人において入居者様の健康観察を継続してまいります。

 

施設長 片山 和子

当施設職員における新型コロナウイルス感染者の発生について

令和4年2月2日(水)、職員1名がPCR検査にて、新型コロナウィルスへの感染が判明したことについて、ご報告いたします。

直ちに松山保健所の指導の下、施設内の消毒を実施し、感染拡大防止対策を講じております。

本日より入所者様、関係職員全員のPCR検査を実施します。

結果につきましては随時報告させて頂きます。

引き続き、入所者様及び職員の経過観察を行いながら、感染防止対策に努めてまいります。

先ずは取り急ぎ、お詫びと今の状況を報告させて頂きました。

 

施設長 片山 和子

みんな大好き、お餅つき!

1月26日に施設内で『お餅つき』が行われました。

施設での餅つきが初めての新人職員さんや、フィリピンからの技能実習生も餅つき体験を楽しみ、

入居者の方はその様子を見ながら、色々なアドバイスや掛け声を送ってくれていました!

出来上がったお餅は、女性職員さんが手慣れた様子で食べやすい大きさに丸めて、きな粉や砂糖醤油で味付けし

入居者の皆様に振る舞われました。

普段は食の細い方も、喉に詰まらないよう注意し美味しそうに食べて頂きました♪

3時のおやつタイムでは、餅入りお汁粉も振る舞われ、満腹・満足な一日となりました。

(※入居者、職員の抗原検査にて全員陰性を確認しての実施となりました。)

面会方法の変更について。

年明けからの急激な感染拡大を受け、来荘での対面面会を中止させて頂きます。

但し施設の窓越しでの面会(会話が困難な場合があります)は可能とさせて頂きます。

またウェブ面会は継続して実施させて頂きたいと思います。

利用者様との面会を楽しみにして頂いていたと思いますが、ご理解の程宜しくお願いします。

ダウンロード
面会制限について 2022.1.docx
Microsoft Word 18.1 KB

広報「姫だより」No.99を掲載しました

広報「姫だより」No.99を掲載しました。

 

PDFファイルと、電子ブックでご覧になれます。

0 コメント

読売新聞に掲載されました!

去年の末(12月10日)に、ブログで紹介させて頂いた『読売新聞』さんの取材の続編です。

年明けの1月3日付けの新聞に掲載されたそうで、わざわざ送付して頂きました!

早速、利用者さんにもお配りし、皆さんで回し読みされていました。

取材を受けた方々も「いい記念になる」と喜ばれていました♪

謹賀新年

新年明けましておめでとうございます。

2022年の年頭にあたり、謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

日頃より、当施設をご利用頂き心より御礼申し上げます。

昨年は、新型コロナウイルス感染症に翻弄された1年でありました。

まだ、「終息」も見えない状況にありますが、早く終息してほしいものです。

今年1年、感染拡大防止に努めながら、ご利用者が心地よい生活をしていただく為の取り組みを行っていく所存です。

新しい年を迎え、皆様にとって幸多い年となりますようお祈り申し上げ、新年の挨拶と致します。

 

                                     施設長  片山和子

クリスマス会

本日、ちょっぴり早いクリスマス会が行われました。

以前はデイルームに入居者全員が集まって盛大に行われていましたが、

コロナ禍と言う事もあり、各ユニットに分かれ時間短縮で行われました。

 

技能実習生さんによる歌の披露、相談員チームのハンドベル(←特訓の成果もあり、涙する方も。。。)

管理栄養士さんと職員が思いを込めて作ったクリスマスケーキ。

どれも手作り感満載で、30分程の短い時間でしたが、

入居者のみなさんも大変喜んで頂けたようでした。

 

一日も早く、全員が集まって大きな声で歌える日が来ることを願い、

年末年始も感染対策に努めていきたいと思います。

嬉しい来荘者が。

毎年、この時期になると松山北高校中島分校の生徒さんが、入居者へ手書きの年賀状とタオルを届けに来てくれます。

本来であれば施設の中に入って頂き、直接渡してもらえるのですが、コロナ禍のため玄関先での対応になりました。

 

タオルは入居者の生活や介護の時に大切に使わせて頂きます。

そして年賀状は、年が明けたら入居者の方に配らせてもらいたいと思います。

 

このような交流によって、地域の皆様の温かさを感じる事ができました。本当にありがとうございます。

防犯対策訓練

先日、施設の防犯対策の一環として、中島駐在所の長谷巡査長にご指導を頂きました。

不審者が来荘した際の対応や、行動の特徴、凶器になりうる事務所の備品の管理等、

事例を交えながらお話を伺いました。入居者、職員を守るため周知していきたいと思います。

どこからともなく♪

先程、どこからともなく心地良い音色が聞こえてきました♪

どこからかな?と探してみると、職員(厳つい方もいますが)が何やら集まってハンドベルの練習中のようです。

 

聞いてみると、来週行われる施設のクリスマス会の出し物だそうです。

普段とは勝手が違い四苦八苦の様子ですが、入居者の皆様にクリスマス気分を味わって頂くため、

がんばっていました。

当日、皆様の笑顔がたくさん見れるといいですね!

読売新聞よりSDGsの取材を受けました。

本日、読売新聞社より『SDGs(エスディージーズ)の取り組み』の取材を受けました!

ぽかぽか陽気の中、デイサービスの利用者様が『グリーンスローモビリティ(通称グリスロ)』に乗って

島内ドライブの撮影&取材を受けました。

利用者様も取材慣れ(?)して、グリスロの乗り心地や、島での生活など記者さんの質問に笑顔でハキハキと返答していました。

 

SDGsの特集記事は正月明けに発行される『読売新聞』に掲載予定だそうです。

また詳細が分かり次第ご報告します。お楽しみに♪